足裏がベタベタして臭い原因とその対策~脂足解消法~

足汗っかきさんなら足裏ベタベタして靴下が

足裏に張り付く経験を何度もしていると思います(^^;

足裏は汗腺が密集しているので、

同じ面積なら背中の5倍汗をかくんだそうです。

でも足裏にあるのはエクリン汗腺で、

そこから出る汗はほぼ水分で、

その汗自体はほとんど臭いもありません。

それなのに足裏ベタベタして、

靴下なんて洗ってもパリパリになったりしますよね。

臭いもひどいことになるし。。。

なぜそうなるのか?

その原因と対策を御紹介します!

足裏ベタベタの原因と対策

よく脂足(あぶらあし)という言葉を耳にしますが、

俗語のようでしっかりした定義はないみたいです(^^)

ようするに大量に足汗をかいてベタベタする

足のことをこう呼ぶようですね。

では脂足の原因はなんでしょうか?

足裏ベタベタ

ベタベタ汗とサラサラ汗

足裏の汗腺であるエクリン汗腺から出る汗も2種類あります。

それがベタベタ汗とサラサラ汗

さきほど「エクリン汗腺から出る汗はほぼ水分」

と書きましたが、水分以外の塩分やミネラルが

多い汗がベタベタ汗、少ないのがサラサラ汗です。

大ざっぱに言うと海水と真水といったところでしょうか(^^)

同じ人でも、ベタベタ汗をかくこともあれば、

サラサラ汗をかくこともあります。

サラサラ汗は適度な運動をした時などにかく汗ですね。

ベタベタ汗は大量に汗をかいたりしたときの汗です。

この違いが出る仕組みのポイントになるのが

「汗腺の再吸収機能」

です。

汗が汗腺で作られた時点では、汗の成分は一定です。

汗腺には、作られた汗が汗腺から皮膚に出るまでの間に、

水分以外の成分を再び体に吸収する機能があります。

これは体に必要な塩分やミネラルなどを、

汗によって失わないための仕組みなんですね(^^)

ところが、「汗腺の再吸収機能」がうまく働かない場合があります。

ひとつは汗腺の機能が弱っている場合

もうひとつは急激に大量の汗をかいた場合です。

急激に大量の汗をかくと「汗腺の再吸収機能」が

追い付かないんですね。

だからベタベタ汗になる。

汗腺の機能が弱っていてもベタベタ汗になります。

まずこの「汗の質の違い」が脂足の原因の一つになります。

足から出る皮脂

皮脂と言えば皮膚から出る脂(あぶら)のことですね。

なぜ皮膚から脂が出るかというと、皮膚を守るためですね。

女性の方は詳しいと思いますが、

皮脂が汗と混ざり合って天然のクリームとなります。

皮膚を外部の刺激や乾燥から守る

「バリア機能」

を持っているわけです。

実は足裏にはこの皮脂を出す皮脂腺がありません。

足裏にはありませんが、

足指の間や足の甲には皮脂腺があり、皮脂を分泌しています。

ベタベタ汗で臭くなった靴下は洗ってもパリパリになって、

履くのがイヤになりますよね(^^;

とくに足指の間あたりが一番パリパリになりませんか?

足から出る皮脂も脂足の原因の一つなんですね。

汗によってはがれる角質

皮膚のいちばん外側にあるのが角質です。

足裏は全体重を受け止める部分なので、

とても新陳代謝が良く、

新しい角質がどんどん作り出されます。

古くなった角質は垢(あか)としてはがれ落ちますが、

汗をかくと角質がはがれやすくなります。

はがれた角質はどうなるかというと、

雑菌のエサになります(^^;

雑菌が、エサであるはがれた角質を分解してフンをすると

あのクサ~い臭い物質となります。

角質は垢ですから、それだけでもネチャネチャしてるのに、

臭い物質の元にもなるんですね。

足裏ベタベタ

足裏ベタベタの原因は分かったけど対策は?

ココまで脂足の原因を見てきましたが、

対策できるものとできないものがありますよね(^^;

皮脂の量なんてコントロールできないし、

もし止めてしまったら皮膚のバリア機能が失われてしまいます。

対策法としては次のことがあげられます。

手軽な対策商品が気になる方は、

コチラの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

>>>足汗対策商品5つ!アナタに合った足汗対策商品を!

適度な運動で汗腺を鍛える

ベタベタ汗の原因のひとつに

「汗腺の機能低下」

があります。

エアコンの効いた部屋で座りっぱなしの仕事などの場合、

汗腺の機能は低下していくばかりです。

こういう人は適度な運動で汗腺の機能を

取り戻してやる必要があるわけです。

また、全身に数百万ある汗腺ですが、

休眠している汗腺も相当数あります。

休眠汗腺が多いと、いつも働く汗腺ばかりから

汗が出るようになります。

それは足裏だったり手のひらだったり、頭部やワキなどです。

働く汗腺のバランスが悪いと足汗、手汗、顔汗、ワキ汗

の多さにつながるわけです。

よくありませんか?

あまり運動しない人がちょっと体を使う作業をすると、

顔から激しく滝汗を流しながら作業してるってことが。

運動によって休眠している汗腺の機能を取り戻していけば、

これらの局所性の汗も軽減する効果もあるわけです。

ストレス耐性をつけるためにストレス発散法を身につける

ベタベタ汗の原因の一つに急激な大量の汗があります。

こういう汗をかく時って、

ストレスによる精神性発汗がほとんどです。

ストレス耐性、つまりストレスに対する強さは人それぞれですが、

ストレス耐性が強い人は様々なストレス発散法を持っています。

つまりストレス発散法をたくさん持つことが、

ストレス耐性を強くする近道なわけです。

ちょっと抽象的な話になってしまいましたが、

いろんなことに目を向けて

ストレス発散法をなるべく多く身につけましょう。

足はいつも清潔に

新陳代謝の激しい足裏ですから、

雑菌のエサとなる角質は次々につくられていきます。

なので一日一回お風呂で洗うだけでは十分とは言えません(^^;

足ふきシートなどを用意して、午前中1回、午後2回ぐらいは

トイレなどで足をきれいにしてやるといいと思います。

といってもあまりゴシゴシやって

足を傷つけないようにしてくださいね(^^)

一番の対策は足汗を抑えること

足裏ベタベタの脂足にならないために

一番効果的なのは、足汗を抑えることです。

そうすればベタベタ汗も出ないし、

雑菌のエサになる角質もはがれにくくなりますしね(^^)

足汗を抑えるのに手軽なのが制汗剤を使うことです。

ボクも試して効果を実感した制汗剤をお得に買う方法があります。

気になったらぜひチェックしてみてくださいね!

>>>足裏ベタベタを解消する制汗剤をお得に

Related Post