ひどい足汗と足の臭いに悩むアナタへ~改善方法上級編~

※必修編の記事はコチラ

足汗&足の臭いの対策(上級編)

足汗や足の臭いひどい場合の基本的な対策を、

必修編で説明しましたが、

それだけでは解決しない場合も多々あると思います。

ここではもう一歩進んだ対策をご紹介します。

●靴下を5本指靴下に替える

人にもよると思いますが、足汗が出やすくて、

なおかつ足汗がたまりやすいのが、つま先の特に足の指の間です。

普通の靴下を五本指靴下に替えるだけで、

かなりの不快感軽減になります。

とりあえずこれはだまされたと思ってやってみてください。

普通に売っている、綿混の3足セットのものなどでも、

はっきりと効果が感じられると思いますヨ(^^)

素材がウールやシルクのものも、探せばあります。

ウールのものは登山用として売っていることが多いですね。

ただ、ウールやシルクだと、ちょっとお値段が高いのと、

洗濯に気を遣うのが難点ですね。

●ミョウバンスプレー

昔から制汗剤として重宝されてきたミョウバン。

市販の制汗剤でもよく使われていますが、

自分で作ると激安で作れます。

効果はというと

・殺菌力がある
・収れん効果で汗を抑えられる
・アンモニア系の臭いの消臭

などなど。

[材料]
焼きミョウバン(スーパーで100gが200円位)と水道水

[作り方]
まずは3%くらいの濃さで作りましょう。

水道水1.5リットルに焼きミョウバン50gを混ぜて、

2日くらい置いておくだけ。

これで原液の出来上がり。

[使い方]
使うときは10倍に薄めて、

スプレーボトルに入れてシュッシュとスプレーしましょう。

肌と同じ弱酸性なので、基本的に何回でも使えますが、

あまり濃すぎると肌荒れする場合もあるので注意。

汗をかく前に使いましょう。

あと、アンモニア系のツーンとした臭いの消臭には

効果がありますが、すっぱいイソ吉草酸の臭いには効きません。

足汗臭い対策

●重曹足湯

これは、洗ってもすっぱい系のイソ吉草酸の臭い

落ちない場合の対策法です。

まず、洗面器にお湯を張り、大さじ2~3杯の重曹を溶かします。

15分から20分くらい足湯をします。

最後に足を洗い流して終了です。

重曹足湯は弱アルカリ性なので、

酸性のイソ吉草酸の臭いを中和してくれます。

ただし、肌が弱アルカリ性のままだと、

余計に雑菌が働きやすくなってしまうので、

忘れずに洗い流してくださいね♪

●重曹スプレー

スプレーボトルに水道水100ミリリットルと、

小さじ1杯の重曹を混ぜて良く振って出来上がり。

すっぱい系のイソ吉草酸の臭いを消してくれるスプレーです。
臭くなった靴などにスプレーして、臭いを消すことができます。

ただし、使い方には注意が必要です。

まず、ミョウバンスプレーと同時使用しては、効果がありません。

それから、緊急的に、「臭くなった足に靴下の上からスプレーする」

などはかまいませんが、重曹足湯のところでも説明したように、

肌が弱アルカリ性になってしまうと、余計に雑菌の繁殖がひどく

なりますから、使いすぎに注意しましょう。

もっと手軽で効果抜群の制汗剤のレビュー記事はコチラ。

>>>足サラは効果なし?ボクの口コミレビューを大公開!

Related Post